スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団鬼六さんが食道がん公表(時事通信)

 作家の団鬼六さん(79)が食道がんになっていたことが23日までに分かった。発売中の「小説新潮」5月号に掲載された手記「残日録・春―我、ガンになりたり」で公表した。
 今年1月、のどに異常を感じ、検査して分かった。「5年生存率が60%」と言われた手術は受けずに、「同20%」の放射線治療を選んだという。自身のホームページでは22日付でコメントを発表。「治療経過、至って良好。我は死なぬ為に延命するは望まず。大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す」などと記している。
 団さんは慢性腎不全も患っており、当初人工透析を拒否したが、約3年前から同治療を受け入れ、執筆を続けている。 

【関連ニュース】
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査

堺1歳男児死亡 交際相手の暴行明かせず 泉大津でも(産経新聞)
栃木県でクマはぎの被害拡大 塩那森林管理所が調査(産経新聞)
09年度新幹線旅客8%減=新型インフル、高速割引が影響(時事通信)
普天間移設 徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪で8位入賞した女子カーリング「チーム青森」の近江谷杏菜選手が、青森市営バスの車内放送に声で登場。今年12月の東北新幹線新青森駅開業に向け、バス利用客に「おもてなしの心」をもつよう呼び掛けている。

【これは分かりやすい】図説 なるほドリが聞く「ストーンを動かしたらどうなるの?」

 7カ所の停留所付近を通ると、近江谷選手が録音した「笑顔とおもてなしの心で(乗客を)お迎えしましょう。合言葉は『一路青森』」の声が流れる。

 知名度が高く市職員でもある近江谷選手に、青森市が白羽の矢を立てた。五輪時は日本中を熱狂させた「チーム青森」だけに、観光客の誘致も期待できそうだ。【山本佳孝】

【関連ニュース】
【これは分かりやすい】図説 ブラシでスイープする意味…ルール完全解説
【五輪写真特集】チーム青森、バンクーバーの熱い戦いを振り返る
【総力特集】バンクーバー五輪:チーム青森の顔写真入りプロフィルと成績表
【動画でみる】チーム青森メンバー一同がバンクーバーの戦いを終えて語る
【もうすぐ新幹線青森開業】これは格好いいロングノーズだ…最速E5系の内外装をいろいろな角度から

<裁判員制度>東京高裁「合憲」 初の憲法判断(毎日新聞)
田辺三菱の子会社、治験データ改竄 厚労省 トカゲのしっぽ切り許さず(産経新聞)
阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり-社民・福島党首(時事通信)

<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)

 東京・築地市場の約750の仲卸業者でつくる「東京魚市場卸協同組合(東卸)」が、約30億円の債務の減額を金融機関に求めるため、東京地裁に特定調停を申請したことが分かった。交渉は既に始まっており、東卸幹部は「合意のめどは立ちそう」と話している。

 東卸は築地最大の事業者団体で、組合員の福利厚生や融資、経営指導などを担う。近年、融資の焦げ付きなどで経営が悪化していた。東卸によると、6日の臨時理事会で申請を決め、7日付で申請した。特定調停は、裁判所が債務者と債権者を仲裁して交渉を進める制度。

 東京都が進める築地市場の移転計画を巡っては、市場関係6団体中、東卸のみ賛否がまとまっていない。【真野森作】

【関連ニュース】
築地市場:マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障
築地市場:移転予算、30日に成立へ
築地市場:移転予算削減めぐり特別委質疑延期 東京都議会
築地市場移転:都議会民主が都側に条件付け折衝開始
築地移転:民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除

仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で-大塚内閣府副大臣(時事通信)
ライター事故 1人死亡…04~08年度、独法に通知(毎日新聞)
「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化(産経新聞)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)

行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見(産経新聞)

 自宅を出たまま行方不明となっていた兵庫県宝塚市の無職、萩原渡さん(37)の長男で市立小浜小6年の政宗君(11)と、次男で同小5年の拓真君(10)が10日、同県尼崎市内のペットショップで発見、保護された。2人にけがはなかった。

 宝塚署によると、同日午後3時ごろ、ペットショップの近くに住む女性(40)が、2人が店内にいるのを見つけ、警戒中の警察官に届け出た。

 女性は6日午後4時半ごろ、2人から「お菓子ちょうだい」と声を掛けられたという。その後、新聞で2人が行方不明の少年だと気づき、周囲を捜していた。同署がこれまでの足取りなどを聞いている。

 2人は3日午前9時ごろ、自宅を出たまま行方不明となり、萩原さんから同署に家出人捜索願が出されていた。

【関連記事】
宝塚で小6、小5の兄弟が不明 1週間帰宅せず
和泉の不明中2女子 東京で無事保護
母子4人を連れ回し500万円要求、知人の男を逮捕 広島市
交際女性を監禁、トイレも監視…無職男逮捕 香川
不明の男性2人発見 新潟・妙高
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<新党>議員5人確保にめど 中川氏が自民離党届(毎日新聞)
<雑記帳>「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視-阿久根市(時事通信)
商品にカッターの刃 都内のローソン4店舗(産経新聞)
<福岡・能古島の遺体>海上の袋に両腕 被害者の諸賀さんか(毎日新聞)

職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)

 がん検診受診促進企業連携推進事業(がん検診企業アクション)事務局が実施した「がん検診に関する意識調査」の結果によれば、職場で「がん検診を積極的に実施しているか」との質問に対して、「実施していない」とする回答が61.0%に上った。一方、「実施している」は22.3%にとどまり、「分からない」が16.8%だった。「分からない」と回答した人に、その理由を尋ねたところ、「情報が入ってこない」「案内が無い」「検診項目にがん検診とは記載されていない」などが多く見られたという。

 がん検診企業アクションは、厚生労働省の委託を受けて電通が企業や団体と共に、がん検診受診率50%を目指すプロジェクト。

 調査は3月4、5の両日、20-40歳代の会社員400人を対象にインターネット上で実施した。

 調査結果によれば、「定期的にがん検診を受けるべきだと思うか」との質問では、「思う」が93.7%、「思わない」が6.3%だった。
 また、「がん検診を意識して受けたことがあるか」では、「定期的に受けている」が12.8%、「受けたことがある」が18.8%、「受けたいと思っているが、受けたことがない」が58.2%、「受けたいと思っておらず、受けたことがない」が10.3%だった。

 がん検診を「定期的に受けている」「受けたことがある」と回答した人に、検診を受けようと思った理由を尋ねたところ(複数回答)、最も多かったのは「職場の健康診断の項目にあったから」で56.3%だった。以下は「市区町村から受診の連絡があったから」(29.4%)、「健康状態に不安があったから」(24.6%)などと続いた。

 一方、がん検診を「受けたいと思っているが、受けたことがない」「受けたいと思っておらず、受けたことがない」と回答した人に、受けない理由を質問したところ(複数回答)、「検診にお金がかかるから」が44.9%で最も多かった。次いで「今のところ特に体に異常が見られないから」(43.8%)、「がん検診を受けるタイミングが分からないから」(43.1%)、「検診へ行く時間がないから」(35.0%)、「がん検診をどこで受診できるのかを知らないから」(31.8%)などの順だった。


【関連記事】
「がん早期発見に優先的に取り組む」-全国大会で長妻厚労相
乳がん啓発へ医療現場があの手この手
がん予防検診「非常に高い優先順位」―民主・仙谷氏
「がん検診50%推進本部」を設置―厚労省
がん検診受診率向上、カギは対象者の把握

飛行船クルーズ、五輪会場を活用=「首都発」実現、料金半額に(時事通信)
デバイス・ラグ 使える医療機器、欧米の半分 薬だけではない、もう一つの時間差(産経新聞)
改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)
橋下新党 堺市議らに参加を要請(産経新聞)
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施(医療介護CBニュース)

トイレ清掃ロボット開発=洗浄液で床ブラシ、消臭も-富士重(時事通信)

 富士重工業は中日本高速道路と協力し、トイレ内を自動的に動いて床を清掃するロボットを共同開発したと、30日発表した。オゾンによる消臭・除菌機能も備えており、9月以降に東名高速道路のトイレなどに順次、導入するという。
 ロボットは定められたルートを最大毎分20メートルの速度で移動。利用者の靴に付着して持ち込まれた砂などのゴミを吸い込むほか、床面をモップでふいたり、洗浄液を使って男子トイレの小便器周辺をブラシで磨いたりする。 

【関連ニュース】
【動画】ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
エコカー優遇検討=新たな高速道割引で

郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
数日前、「長官車ですか」=現場周辺で複数不審男-銃撃事前調査の疑い・警視庁(時事通信)
小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却-新指導要領に対応・文科省検定(時事通信)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
NEC、メタボ健診を30歳まで引き下げ(読売新聞)

<全日空機>副操縦士からアルコール検出 出発遅れる(毎日新聞)

 全日空は25日、福岡発羽田行き240便(ボーイング777-300型、乗員乗客502人)の副操縦士が、搭乗前のアルコール検査で基準を上回ったため、出発が22分遅れたと発表した。

 全日空によると、社内規定で呼気のアルコール濃度が1リットル当たり0.1ミリグラム以上の場合、乗務は禁止されているが、0.157ミリグラムが検出された。その後も検査を繰り返したところ、基準値内となったため、副操縦士は交代させずに運航したという。前日の飲酒状況などを調べている。【平井桂月】

【関連ニュース】
全日空:B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機
全日空:最終赤字650億円に拡大…3月期予想
日航:国際線10%減 全日空は13%増
全日空:女性の副操縦士や整備士らでひなまつりフライト
全日空:最終赤字650億円 従来予想から370億円拡大

民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
<公取委>山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い(毎日新聞)
<抱っこひも>米製品で窒息の恐れで注意喚起 自主回収も(毎日新聞)
線路にアンテナ投げ込まれる…山手線事故(読売新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
プロフィール

しおだやすお

Author:しおだやすお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。